首にイボが出来たけど大丈夫なの!?首イボの正体と対策方法を徹底解説

首イボとは、30代を超えたあたりから増え始める、首にできるイボのことです。早い場合には20代から出来ることもありますが、通常は中高年になってから加齢に伴って増えていきます。イボにはウイルスによる感染性のイボと非感染性のイボがありますが、加齢によって増えるのは非感染性のイボです。そのため、首イボを触った手で他の部分を触ってもイボが感染することはありません。

また、首イボと呼ばれていますが、脇の下や脇腹、胸や鼠径部など、加齢に伴って同様のイボが身体の色んな場所に出来始めます。その中で首にできるイボのことを「首イボ」と呼んでいます。そして身体の中でこれらのイボが出来やすい場所は、いずれも皮膚が薄いことが特徴です。

首イボの種類について

首イボ 種類

スキンタッグ

肌色や褐色をした1~3mm程度のサイズを持つイボです。首から突き出たイボなので、ネックレスなどのアクセサリーが引っかかりやすくて邪魔になります。しかし良性の腫瘍なので、放置しても身体の健康を脅かすことはありません。またスキンタッグは、首イボに多く見られる種類のひとつです。

アクロコルドン

肌色や褐色をした2~3mm程度のサイズを持つイボです。スキンタッグと同様に首イボに多く見られる種類です。良性腫瘍なので健康上は問題ありません。

軟性線維腫

肌色や濃い肌色をした5mm以上のサイズを持つイボです。大きいため目立ちやすく、加齢による影響以外にも糖尿病や肥満、または妊娠中などに出来やすいイボです。良性腫瘍なので健康上は問題ありません。

懸垂性線維腫

肌色をした根本からぶら下がる様な独特の形を持つイボです。良性腫瘍なので健康上は問題ありませんが、脇の下や外陰部など様々な場所に出来て邪魔になるため、切除を望む方が多いイボです。

首イボが出来る原因と危険性

首や脇の下など、動作の際に衣服や下着による摩擦が起きやすい場所に多くイボが出来るため、非感染性のイボが出来る大きな原因のひとつは摩擦だと考えられています。そのため首イボができる主な原因は、衣服の襟やネックレスなどが原因で起きる摩擦だとされています。

また、イボは紫外線を浴びた後に出来やすい傾向があるため、紫外線の影響も関係していると考えられています。そして首イボは良性腫瘍なので、放置しても身体に悪影響を及ぼすことはありません。しかし大きくなるのが早く出血が見られたり、黒っぽい色をしているなどの特徴が見られたら、皮膚科医に診てもらう必要があります。特にイボの直径が7mmを超えると良性腫瘍では無い可能性が高いため注意が必要です。

首イボの対策方法

首イボの治療

治療方法

首イボを治療する方法には様々な種類があり、それぞれ必要な治療費や施術の際に感じる痛み、治療効果などが異なります。そのため、担当の医師とよく相談して最良の治療方法を選択することが大切です。そして首イボを治療する方法のひとつが「手術」です。医療用のハサミを使用してイボを切除します。

その他には、マイナス200℃程の液体窒素を使用してイボの組織を壊死させる「凍結療法」や、医療用の炭酸ガスレーザーを照射してイボを焼き切る「炭酸ガスレーザー治療」、電気メスを使用してイボを切除する「電気焼灼治療」などがあります。また、ハトムギが原料の「ヨクイニン」という漢方薬を使用して治療する内服療法も存在します。しかし内服療法はは治療効果が現れるまでの期間が長く、治療効果が現れない場合もあります。

予防方法

首イボは一度でも出来ると、その後はさらに数が増えていく傾向が見られます。そのため、気になる方は首イボが出来ないように普段から予防をすることが大切です。そして首イボの予防のために必要なことのひとつが、首周りの摩擦を減らすことです。着用する衣服や下着などをなるべく天然素材のものにしたり、首周りを刺激しないで済むデザインの衣服を選ぶようにしましょう。

また、ネックレスやスカーフの使用を出来るだけ控えることが大切です。さらにボディクリームを使用して肌の乾燥を防ぐことで、より摩擦を軽減できます。そして首イボが出来るもうひとつの大きな原因である紫外線による悪影響を抑えるために、紫外線対策のスキンケアなどを行なうことも大切です。