首イボをちぎるのはデメリットが多い?正しく知りたい首イボを取る時のデメリット

「首イボが目立つのでちぎって取ってしまいたい!」と言う気持ちの方は多いと思います。確かに首イボが目立つと周りの目線が気になりますし、見ていて気持ちの良い物でもありません。そして、首イボが出来た人がやらかしてしまいやすいのが首イボをちぎって取ってしまう事です。手っ取り早い方法に見えるかもしれませんが、実は首イボをちぎり取るのはかなりのデメリットが伴います。

今回は首イボをちぎり取る時のデメリットをご紹介しますので、もし首イボが気になって取ってしまいたいと思っている方は、実際に首イボを自己流で取って後悔している人が多いため、まずは取るだけは思いとどまってください。

首イボを取るのは辛いだけ

首イボ 痛い
確かに首イボはピンセットやハサミ、爪きりを使って簡単に取れるものもありますが、当然ですがちぎる際に痛みが走りますし、さらにちぎってしまう事は皮膚にもダメージを与える事になり、イボが傷跡として残る可能性もあります。また、首イボのとり方がマズかったりすると血が出てきてしまい、人によってはタラタラと血が流れ続ける事になります。

また、これらの道具は不衛生であるため、ばい菌が傷口から進入する恐れもある点から、自己流で気になるからといって適当な道具で首イボをちぎるのはオススメできませんし、結果としてただ痛いだけです。

首イボが悪性のイボに変わる可能性も

一番首イボをちぎる時に恐ろしい事が、首イボを無理やり取ったりした傷口からウイルスが入り、ウイルス性のイボが発症する恐れがある事です。特に爪で引きちぎったりすると、爪の隙間等に付いているばい菌が傷口から進入しやすいので、つい気になるからと言って爪でつまむようにちぎってしまうと後で大変な事になる事があります。また、仮に「消毒液や沸騰したお湯で消毒した道具でちぎれば大丈夫」と言うわけでもありません。

ウイルス性のイボは完治に時間がかかる上に黒ずんでしまうためにちぎる前よりもさらに目立つ恐れがあるのです。この無害な首イボがウイルス性の首イボになるリスクを考えると、首イボを自己流でちぎるのは絶対にオススメできません。

首イボを取りたいなら皮膚科へ行こう!

首イボ 皮膚科
どうしても首イボが気になってちぎってしまいそうになるならば、早めに皮膚科で首イボを取ってもらったほうが良いでしょう。皮膚科であれば専門家による治療で綺麗に首イボを取ってくれますし、ウイルスの感染も気になりませんので安心できます。そのため、「皮膚科は大袈裟だ」と考えて自己流で悪化するより、皮膚科の医師による安心できる治療のほうが首イボの悩みを早くオサラバできるのです。